株式会社エム・イー・エル|マイクロ波回路の設計・解析なら MEL

S-NAP® Microwave Suite®MEL Product

S-NAP® Microwave Suite®

回路解析エンジン( S-NAP® / Pro )

S-NAP / Pro は、定常状態、過渡状態能の解析機能を持つ、線形/非線形の回路シミュレータで、直流からマイクロ波回路まで対応します。ハーモニック・バランス解析法とコンボリューション・トランジェント解析法により、定常状態、過渡状態のソリューションを得ることができます。これらは互いに補完関係として不可欠な組み合わせ機能です。

  • 線形/非線形回路
  • 周波数ドメイン/タイムドメイン
  • 定常状態/過渡状態
  • 最適化/チューニング

コンボリューショントランジェント法による多ポートSパラメータの過渡応答特性

多ポートのSパラメータデバイスを含むような回路においても、インパルス応答とコンボリューションによるトランジェント法により過渡解析を行うことが可能です。

ハーモニック・バランス法を用いた非線形解析

定常状態における非線形応答をハーモニック・バランス法により解析可能です。

ハーモニック・バランス法を用いた自励発振解析

ハーモニック・バランス法を用いて、自励発振器の定常解析が可能です。ユーザーはハーモニックカプラなどを接続することなしに解析を行うことができます。

ネットワークアナライザとのリンク機能

回路図中にネットワークアナライザシンボルを配置し、リアルタイムで実測Sパラメータをシミュレーション回路内に取り込むことができます。(※ 1,2)

誘電体共振器を用いたBEFの解析例

誘電体共振器を用いたBEFの解析例

発振器のトランジェント解析とハーモニック・バランス法による定常発振解析

発振器のトランジェント解析とハーモニック・バランス法による定常発振解析

Sパラメータデバイスを含むトランジェント解析

Sパラメータデバイスを含むトランジェント解析

ネットワークアナライザシンボルを含むシミュレーション回路

ネットワークアナライザシンボルを含むシミュレーション回路

最適化機能による回路定数の自動調整

最適化機能は、回路定数を指示されたゴールに向かって自動的に調整する機能で、クリティカルな回路設計を容易に実現することが可能です。
ターゲットに指定する特性は、バンド・ゴールでの記述の外、Sパラメータにすることも可能です。

最適化前後の特性(6変数)

最適化前後の特性(6変数)

S-NAP/Proの解析能力レベル

項目 S-NAP/Field MODEL1 S-NAP/Field MODEL2 S-NAP/Field
最大マトリックスサイズ 2500 4000 制限なし
最大グリッド数 1024×1024 2048×2048 制限なし
レイヤー数 ( )内は導体レイヤー数 3 (2)+GND 5 (4)+GND 制限なし
最大マトリックスサイズ 2500 4000 制限なし
最大グリッド数 1024×1024 2048×2048 制限なし
レイヤー数 ( )内は導体レイヤー数 3 (2)+GND 5 (4)+GND 制限なし


TOP